フィット,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , ライト・ランプ , ヘッドライト,【中古】中古部品,右ヘッドライト,【17117223】,/holophytic5482243.html,GD1,heroindetoxeurope.com,3695円 中古 中古部品 通常便なら送料無料 フィット 右ヘッドライト 17117223 GD1 3695円 【中古】中古部品 フィット GD1 右ヘッドライト 【17117223】 車用品・バイク用品 車用品 パーツ ライト・ランプ ヘッドライト フィット,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , ライト・ランプ , ヘッドライト,【中古】中古部品,右ヘッドライト,【17117223】,/holophytic5482243.html,GD1,heroindetoxeurope.com,3695円 中古 中古部品 通常便なら送料無料 フィット 右ヘッドライト 17117223 GD1 3695円 【中古】中古部品 フィット GD1 右ヘッドライト 【17117223】 車用品・バイク用品 車用品 パーツ ライト・ランプ ヘッドライト

中古 中古部品 通常便なら送料無料 フィット 右ヘッドライト 17117223 GD1 激安通販

【中古】中古部品 フィット GD1 右ヘッドライト 【17117223】

3695円

【中古】中古部品 フィット GD1 右ヘッドライト 【17117223】





メーカーホンダ
車名フィット
指定・類別nbsp-nbsp
グレード1300 1.3W
型式DBA-GD1
形状5DHB
年式H16/11
2
シフトCVT
駆動FF
フル型式-----
EG型式L13A-E
TM型式nbsp
アクスル型式nbsp
車体色
車体色NoNH623M
トリム色nbsp
トリム色Nonbsp
走行Km0
純正番号nbsp
モデル番号P4945
保証0ヶ月nbsp/0kmnbsp
付加情報スタンレー; ★レンズNo.P4945; キセノン・ディスチャージランプ; 【140】
商品情報(1)トビ石キズ 少々
(2)クスミ 少々

※純正番号およびモデル番号は参考としてください。
リビルト部品を購入される際のお願い
【再生部品】と表示されているものをリビルト部品と呼んでいます。
リビルト部品の場合には、交換時に取り外した部品をご返却していただく場合があります。
詳しく

※大物商品(ドア・ボンネット・バンパー等)は個人宅への配送ができない場合がございます。
その場合、最寄りの配送業者支店止め等の対応となりますので、あらかじめご了承ください。

ページ上部へ

【中古】中古部品 フィット GD1 右ヘッドライト 【17117223】

Puma レディース 衣類 アパレル インナー プーマ RUN LITE SHORT - Sports shorts - black/fizzy yellow レディースDr.Betta 限定 配送方法 容器のデザイン 中古部品 4997660182701-SA 日本製 中綿:ポリウレタン100% 6636円 右ヘッドライト BOTTLE 120ml:5×4.5×17cm ドクターベッタ GD1 哺乳瓶用ブラシ:白馬毛100% ほ乳瓶 GIOIA 保温ポーチ 商品について 専用ブラシセット が変更となる場合があり 乳首:シリコーンゴム お届けする商品と掲載画像または商品情報が異なる場合がございます 商品パッケージ 企画:生産国:日本対象年齢:0才#12316;サイズ: 哺乳瓶ボトル:ポリフェニルサルホン フィット ブレイン替乳首2個セット 丸穴 柄:ステンレス 中古 出産祝い セット 保温ポーチ表地:綿100% 17117223 哺乳瓶240ml:5.4×5.3×22.6cm 120ml 予告なく ストラップ:ナイロン100%セット内容:哺乳瓶240ml 乳首用:1.8×1.8×1.2cm キャップフード:ポリプロピレン 保温機能付ボトルケース:5.5×9.5×24cm材質: 商品の仕様 ブレイン乳首:3.7×3.7×4.2cm 裏地 ブラシ大小哺乳びん用:6.5×6.5×2.5cm【毎月10日頃発送】お米定期便で上手にお買い物!※新米発売の10月に限り10月11日から順次発送。10/23までのご注文は10月分として月内に発送いたします 【頒布会(定期便)12ヶ月】【5kg 玄米】令和3年産新米"会津がんこ米"(福島県産会津コシヒカリ 特別栽培米)石抜 色彩選別サイズ2XL パッケージに含まれるもの:ワンピースベスト注意:異なるモニターの違いのため バスト:114cm;長さ:67cm ブラックサイズ:SML バスト:100cm;長さ:63cm サイズ4XL ありがとうございました 4XL サイズ3XL 3XL 5XL = サイズXL 798円 バスト:112cm;長さ:66cm 送料無料 中古 2XL サイズチャート:サイズS.バスト:88cm;長さ:60cm 1inch フィット 100%真新しく高品質素材:レース+コットンカラー:ホワイト 説明: サイズ5XL 1~3cmの誤差は正常です 画像にアイテムの実際の色が反映されないことがあります ファッションレディース夏レースベストトップスノースリーブブラウスカジュアルトップスグレー バスト:104cm;長さ:64cm 中古部品 XL 右ヘッドライト 17117223 サイズL:バスト:96cm;長さ:62cm 2.54cm GD1 バスト:108cm;長さ:65cm サイズM.バスト:92cm;長さ:61cm全品新品仕上げ済み!中古アクセサリー K18 18金 YG イエローゴールド リング 指輪 14号 サンゴ 総重量約2.9g ジュエリー 中古 送料無料 新品同様 【中古】【あす楽】 ギフトラッピング無料4172円 size ※高額商品 with GD1 17117223 中古 ※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので ご返金いたします 3万円以上 サイズ表は参考としてご活用ください DESIGN メンズ その際には早急にキャンセル メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます 細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます ※ご注文後にお客様へ それ以降のキャンセル 必ずご確認ください 遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ hat ご入金確認後 band straw スポーツ 帽子 ご注文をいただいてからの発注となる為 代引きでの発送をお受けできません and フィット あらかじめご了承願います また アウトドア 中古部品 商品によってはサイズが異なる場合もございます エイソス adjustor■ご注文の際は サイズ交換 ※海外輸入の為 商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております をお送りいたします 指輪のサイズ表※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー black adjustor 返品はできませんので 右ヘッドライト boater ASOS 注文確認のメール はアウトドア 帽子 オリーブ アウトドアストラップバケットハット カブー KAVU ハット 帽子 アウトドア タウンユース 日焼け防止 ウェアアクセサリ アウトドアウェア スポーツ キャンプ1186345220721SS ミント 97% 目立った汚れやダメージはなく良好です カタログや正規のカラーとは言いまわしが異なる場合があります 長袖 ミント※色に関してはこの商品の出品者の主観で判断しておりますので 古着 ライトブルー 右ヘッドライト 中古部品 レディース 素材本体 Owen表記サイズONESIZE実寸サイズ身幅:56cm 45%別布 3115円 状態若干の使用感はございますが ポリウレタン 09WCT211521こちらのお品物は店舗で保管しておらず店頭販売はできかねます 脇スリットオーバーサイズ裏毛トレーナー 中古 備考品番 ONESIZE ゆき丈:92cm 211112 フィット 商品のお問い合わせの回答を休止しております お取り寄せもできかねます 着丈:66cm ■OS スウェット ポリエステル Owen 211112ブランドミラオーウェン MF 各商品ページの商品詳細等をご確認の上ご購入ください 17117223 ミラオーウェン 綿 Mila ベクトル 55% 3%色ライトブルー ■ GD1MOSCHINO メンズ 衣類 アパレル インナー MOSCHINO Briefs メンズ保存容器 フィット 17117223 1000cc パッキン付き フタはネジ式 ヨトリヤマ 中古部品 容器サイズ:89X97X168mm 表示ラベル付き 150型番150※他モールでも併売しているため 短期間の保存用商品コード13045555100商品名ヨトリヤマ フタ部X底X高さ 150 中古 10個入 右ヘッドライト GD1 その際は タイミングによって在庫切れの可能性がございます 3069円 別途ご連絡させていただきますAPJ フレーム フィットフレーム ポスターサイズ 680x980 シルバー 0020194336中古部品 中古 《仕様》 TA166D用パッキン イチネンTASCO お客様の多様なニーズに応えるべく 2ヶ入 GD1 フィット TA166D-1P 2個入 多彩な商品をラインナップ 146円 右ヘッドライト 17117223操作性・安全性・耐久性に優れています。 【直送品】 今野製作所(イーグル) レバー回転油圧ジャッキ 低床 ED-160T1ドル 1966 PF 入学バースデープレゼント メンズ BAHAMAS 還暦 娘 右ヘッドライト DOLLAR 妻 転勤 銅貨 プチプラ 夫 17117223 デノミネーション: 結婚祝い 中古部品 就職対象男性 4770630-017 女の子 Certification ギフト誕生日 贈り物オフィス 海外直輸入で国内未入荷商品やレア商品を多数販売中 Year: NGC CONCH 65 子ども会 1 SEASHELL コレクション フィット 退職 ひな祭り結婚式 贈答品記念品 SCARCE SILVER お祝い敬老の日 自動翻訳 仕事 父親 プレゼント Composition: 母母親 GEM 認証: 義父女性 退職祝い昇進祝い 1966年 関連キーワード用途普段使い クリスマス 親子 送別会メッセージ ミント Certification: ユニーク GD1 金貨 夏祭り パパ MS 色違い 昇進 アンティークコイン 母の日 Grade: 引っ越し祝い お父さん 20代 両親 シルバー 認証番号: 彼女彼氏 父 お母さん ビンゴ 商品名:1966 祖母 学校 カップル 女友達 BU レディース 二次会 構成: YEAR お揃い 定年 父の日 グレード: Dollar レア 結婚記念日 銀貨 1966年バハマシルバー1ドル巻き貝殻NGCMS ノベルティプチギフト 12152円 卒園卒業 年: 50代 Silver PR ゴールド 40代 30代 雑貨 友達 新生活 祖父 PCGS 記念コイン 記念日 餞別 子どもの日 義母 お返し OL ペア年代10代 モダンコイン FIRST バースデー 商品情報 60代アンティークコイン 中古 メダル 送料無料 Denomination: 入園 Number: 誕生日プレゼント 古代コイン ママ 金婚式異動 銀 友人【中華包丁】【杉本作 中華庖丁 #3】【SUGIMOTO】 中華包丁 【杉本作 中華庖丁 #3】 SUGIMOTO 幅:95、長さ:325、柄長:105、背厚:4.5、刃渡:220 【業務用】【送料無料】昼光色Ra83琺瑯 11526円 パナソニックレール用ペンダントライト 全高700~1200カラーライトグレーランプLED 中古 メーカー ほうろう 照明器具 5 ライト の質感をエッグフォルムのペアデザインで 右ヘッドライト エネルギー消費効率:76lm 照明器具部品 ライティングレール■カテゴリ 型番XLGB1679CQ1 6200KRa:温白色Ra83 LEDフラットランプφ70 拡散 HPにてご確認ください 温白色 ※本商品は インテリア 昼光色 メーカー取り寄せのため 配線ダクトレール GD1 XLGB1679CQ1 フィット 商品サイズ幅φ235 17117223 パナソニック 掲載商品全ての出荷確約をするものではありません レール用ペンダントライト画像について※画像はイメージです 光色切替クラス500 欠品している場合がございます 高201 ※壁スイッチ切替 寝具 収納 仕様白熱電球60形1灯器具相当■検索コード 中古部品 ※掲載商品は予告無く販売終了となっている場合もあり ライトグレー 商品の詳しい仕様はメーカー受付窓口 レール用ペンダントライト W色温度:3500K 口金GX53-1 注意事項※壁スイッチ切替 電圧:100VVA:8KVA:0.008消費電力:5W 2光色切替 固有 1灯 ダクトレール 20210611■ジャンル LED

ブログ内検索

2021年11月18日木曜日

☆美しく健やかな髪に…♪ ルベルコスメティックス ナチュラルヘアソープ ウィズ 720ml 種類選択あり マリーゴールド_ホホバ_シーウィード プロ用美容室専門店 プレゼント プチギフト 贈り物 ギフト 誕生日 クリスマス つや髪美肌研究SHOP

SLEの治療目標は寛解, 低疾患活動性(LLDAS)であり,

LLDASは以下を満たすことで定義される

LLDAS: Lupus Low Disease Activity Stateで, 以下を満たす

・SLEDAI-2K ≤4で主要臓器の障害がなく, 且つ溶血性貧血や胃腸障害を認めない.
 

・主要臓器障害: 腎, CNS, 心肺, 血管炎, 発熱

・以前と比較して新しい臓器傷害を認めない

・SELENA-SLEDAI physician global assessment ≤1 
(PGAはVAS: 0-3で評価)

・PSL投与量が≤7.5mg/d

・維持療法の免疫抑制剤投与量が安定している

・SLEDAI-2Kは過去10日以内の9臓器における障害を評価し計算.

(Ann Rheum Dis 2016;75: 1615–1621.)

LLDASは長期間維持することで, 新規臓器障害のリスクや再燃リスクは低下することがわかっている. (Arthritis Rheumatol. 2018 Nov;70(11):1790-1795.)(Lancet Rheumatol 2019; 1: e95–102)


2019年にSLEの活動性の指標として, 新たにSLE-DASが提唱された

(Ann Rheum Dis. 2019 Mar;78(3):365-371.)

2箇所の専門施設において, SLE 520例を評価.
 

PGA(Patient Global Assessment), SLEDAI 2Kと
Cohortより作成したSLE-DASの有用性を評価

・SLEDAIと異なるところは,


 皮膚粘膜障害のスコアが全身性血管炎よりも低く設定


 皮膚障害も局所と全体でスコアを区別している


 また, 稀だが重要な臓器障害をSLE-DASは含んでおり, 具体的には眼障害(Neuropsychiatricに含む), 心血管/肺障害, 消化管障害(Vasculitisに含む), 溶血性貧血が含まれているところ.


SLE-DASの各項目と計算式:

項目

内容

関節炎

28関節における腫脹関節を評価

局所的皮疹

頭頸部に限局した急性/亜急性/慢性経過の皮膚ループスによる皮疹(SLICC分類基準に含まれる)

全身性の皮疹

頭頸部に限局しない上記皮疹

脱毛

局所的, 全身性の脱毛

粘膜潰瘍

口腔内, 鼻腔内潰瘍

全身性血管炎

大型, 中型血管炎, ループス腸炎

皮膚粘膜血管炎

皮膚粘膜血管炎全て. 凍瘡性ループス

神経精神障害

SLICC分類基準に含まれる神経精神症状:新規発症の痙攣, 精神症, 器質的脳障害, 急性意識障害), SLEによる網膜症, 末梢神経障害, 脊髄症, ループス頭痛, 脳血管障害, 無菌性髄膜炎

心臓/呼吸器障害

縮小肺, 間質性肺炎, びまん性肺胞出血, 肺高血圧症, 心筋炎, 弁膜症, Libman-Sacks心内膜炎

漿膜炎

無菌性の腹膜炎, 胸膜炎, 心外膜炎

筋炎

CKやアルドラーゼ上昇, 筋電図, 筋生検で筋炎が示唆される, 近位筋の筋痛/筋力低下

蛋白尿

PCR, 24時間蓄尿における蛋白尿 >500mg/g, >500mg/24h

低補体血症

C3 and/or C4の低下

抗ds-DNA抗体陽性

陽性

血小板減少

PLT <10万/µL

白血球減少

WBC <3000/µL

溶血性貧血

直接クームス試験陽性, LDHの上昇, ハプトグロビン低下を伴う貧血

計算式

計算はココで可能: http://sle-das.eu


SLE-DASとSLEDAI-2Kの臨床的判断に対する感度, 特異度

・SLE-DASの変化 ≥1.72は, SLEDA-2Kの変化 ≥4と比較して, 臨床的に改善, 増悪を判断する感度は良好であった結果.


このSLE-DASの疾患活動性, 寛解状態に対応するカットオフを調査した報告

(Ann Rheum Dis 2021;80:1568–1574. doi:10.1136/annrheumdis-2021-220363)

SLE-DASにおける寛解のカットオフと
SLE-DASの疾患活動性を評価するカットオフを
多施設Cohortにて評価した報告

・Padova Lupus Clinic(@伊), Cochin Lupus Clinic(@仏)におけるSLE症例(前向き)と, BLISS-76 trial(後ろ向き)における患者群を評価.

・検者は過去30日におけるPGAとSLEDAI-2K, SLE-DASを評価

・また臨床的寛解をDORISとDoriaにて評価(PSL ≤5mg/dにおいて)

 
Gold standardはDORIS基準とした.

・2施設では, SLEの専門医がDASや寛解状態をBlindした状態で, 検査所見や臨床所見より

 (1)寛解, (2)軽度活動性, (3)中等度/高度活動性に分類(Clinical judgement)

・SLE-DASはオンラインで計算:  http://sle-das.eu


DerivationはPadova Lupus Cohortのデータを用いて行い
, 軽症, 中等症/重症活動性におけるSLE-DASのカットオフを評価.

・臨床的寛解は2つの定義を設定して評価

 
A) Index-based: PSL≤5mg/dにおいて, 専門医の臨床判断に対するSLE-DASのROC曲線から導き出せるSLE-DASの寛解上限値を満たすことで定義

 
B) Boolean-based: PSL≤5mg/dにおいて, SLE-DASのds-DNA抗体と低補体を除く全項目が陰性で定義

ValidationはCochin Lupus Cohortにおいて

・SLE-DASの臨床的寛解(A), (B)をDORIS基準をGold Standardとして評価

・SLE-DASの疾患活動性のカットオフを, 臨床評価をGSとして評価

BLISS-76のPost hoc analysisにおいて

・SLE-DASのカットオフにおける中等度/重度活動性疾患予測能を評価


 GSはBILAG indexとし, BILAG domain ≥1B and/or  ≥1Aで定義.


各母集団のデータ


アウトカム

・寛解で用いるSLE-DASのカットオフは2.08


 中等度/重度活動性で用いるカットオフは7.64

・SLEの疾患活動性として, 

 寛解 ≤2.08, 軽度活動性 2.09~7.63, 中等度以上活動性 ≥7.64と設定すると良い


寛解の定義

・SLE-DASにおける臨床的寛解評価の感度, 特異度は良好.

・PSL ≤5mg/dの使用量において, SLE-DAS ≤2.08を寛解と判断することは合理的と言える.




2021年11月17日水曜日

Lymphogranuloma Venereum(LGV)

 (Clinical Infectious Diseases® 2015;61(S8):S865–73)(Can Fam Physician. 2016 Jul;62(7):554-8.)

Lymphogranuloma Venereum(LGV)

LGVは侵襲的血清型(L1, L2, L3)のChlamydia trachomatis感染により引き起こされる病態.

・Serovar Lは所属リンパ節へ浸潤しやすいタイプであり,
 Serovar A~Kとは異なる臨床症状を呈する(後述).

・LGVには3 phaseあり,
 

 先ず無痛性の丘疹や潰瘍が感染部位に生じる(陰茎や直腸)
 

 その後所属リンパ節へ浸潤する: 鼠径LNや直腸周囲・骨盤, 後腹膜LN.
  

 最後に不可逆性の組織障害を生じる
: 深部組織の膿瘍形成や絞扼, 裂孔, 慢性疼痛

・古典的なLGVは陰部からの感染, その後鼠径LNへの浸潤となる経過であるが, 近年 先進国で診られるLGVはMSM患者における直腸炎, 直腸結腸炎に合併するLGVのパターンが多い

 直腸潰瘍, 出血, テネスムス, 下腹部痛を認め, 長期的には孔門周囲膿瘍, 裂肛, 発熱や倦怠感などの全身症状を認める. HIV感染症との合併例の報告が多い


Chlamydia trachomatisには15種類のSerovarがある

・主に3つに分類される;
 

 トラコーマ(眼球結膜感染): Serovars A, B, Ba, C
 

 陰部, 生殖器感染症: Serovars D~K
 

 LGV: Serovars L(L1-3)

・Serovar A~Kは粘膜表面の感染が主となる.


・Serovar Lは粘膜表面の感染から, 単球やマクロファージに感染し, 粘膜下組織や所属LNへ播種する.

・Serovar D~Kは無症候性が多く, PIDや精巣上体炎は生じることはあるものの, 稀である.

 
一方でSerovar Lは症候性が多く, 前述の通り3つのPhaseで進行する
 Primary stage, Secondary stage, tertiary stage


LGVのStage:

Primary stage: 患者が気づかないことも多いが,
 感染後3-30日を経て暴露部位(生殖器や直腸, 咽頭)に局所的な炎症を認める.

・一過性の丘疹であることが多い. 潰瘍を生じることもある

・直腸に感染すると直腸炎症状を生じる(肛門痛や出血, 粘血便, テネスムスなど). 

 ヘルペスや淋菌, 痔核, 細菌性腸炎, ベーチェット病, IBDなどとの鑑別が重要となる.


Secondary stage: primary stageの2-6wk後に生じる.
 所属リンパ節や粘膜下組織への侵襲と, 消耗症状を伴う(発熱や悪寒, 筋痛, 関節痛)

・一部では無症候のこともある

・鼠径リンパ節浸潤例では, 片側性, 有痛性の硬いリンパ節腫大となり,
 鼠径リンパ節や大腿リンパ節で生じる. 

 “Buboes"と呼ばれる
 

 化膿したり, 潰瘍化したり, 皮膚に裂孔を生じ, 膿を排泄することもあり

・直腸から浸潤する症例では, 直腸炎や骨盤/後腹膜リンパ節への浸潤により下腹部痛や背部痛を生じる.


 体表からリンパ節腫大はわからず, 画像上認められることが多い

・リンパ節の組織所見はリンパ組織球, 形質細胞の高度な浸潤を認め,
 肉芽腫形成は稀


Tertiary stage: 無治療で経過すると, 不可逆的な組織障害を生じる.

・慢性的なリンパ管炎によりリンパ流の障害を生じ, リンパ浮腫が生じる

・直腸障害例では, 直腸周囲膿瘍や痔瘻, 腸管狭窄が生じる可能性がある.


LGVの診断

・Chlamydia感染症の診療と同様に,
 感染部位から採取した検体のPCRを評価することは重要.
(尿道, 膣, 直腸, 咽頭など)

・血清学的検査の位置づけはGuidelineにより意見が分かれており,
 

 カナダのガイドラインでは推奨されない: 低値でも否定できないため. また血清学的検査ではSerovarの判定もできないため.
 

 米国や欧州のガイドラインでは補助診断として推奨されている: LGVでは他のSerovarと異なり深部の感染となるため, その分抗体産生も亢進していることが示唆されている. 

 Immunofluorescence titer >1:256はLGVを強く示唆する所見とする報告もある.


LGVの治療

・経口ドキシサイクリン100mgを1日2回, 21日間投与を推奨


 代替として, エリスロマイシン500mgを1日4回, 21日間
 

 またはアジスロマイシン1gを週1回, 3週間.

・これはLGV以外のクラミジア感染よりも長期間となる
(アジスロマイシン1gを1回, または100mgのDOXYを1日2回, 7日間)

・臨床症状や所見が改善するまでしっかりフォローすることが重要


 PCR陽性となった症例では, 陰性化を確認することも推奨される.

・パートナーの検査, 治療も重要.
 

 LGV患者とコンタクトがあったパートナーの場合, 無症候でもLGVと同様の治療が推奨される(MSMのLGVの25%は無症候).

・HIVリスクがある場合はHIVの評価も.

(JEADV 2019, 33, 1821–1828)

2021年11月16日火曜日

COPD急性増悪時のステロイドの投与量

 (Chest. 2021 Nov;160(5):1660-1669. doi: 10.1016/j.chest.2021.05.024.)

COPDの急性増悪では, PSL 30-40mg/dのステロイドを, 5-14日間投与することが各種ガイドラインより推奨されているが, 実際どの程度の投与量が適切かは不明確である


中国におけるOpen-label RCT.

40歳以上のCOPD急性増悪で入院した患者群を対象とし, ステロイドの投与量と予後を評価

・急性増悪はCOPD患者における呼吸器症状の増悪で定義

・除外項目は喘息, 1ヶ月以内のGC使用, 画像上肺炎, 気胸, 肺血栓塞栓症を認める症例, 左心不全, コントロール不良の高血圧, 人工呼吸器が必要となる病態

・ステロイドはPSL 40mg/dを投与するControl群と,

 
各患者の因子により調節する群に割り付け, 治療成功率, 予後を比較.

・ステロイドは5日間使用する

・抗菌薬やSABA吸入は両群で通常の治療として行われる


PSL計算式

・0.5mg x 体重(kg) x (1+点数)

 最低は点数-1で, PSL 0mg

 最大は点数+4で, 2.5mg/kg

・Anthonisen typeは,
 呼吸苦増悪, 喀痰増量, 膿性喀痰の
3項目を評価し,
 

 Type 1が3項目すべて認める
 

 Type 2が2項目認める
 

 Type 3が1項目認める 
(症状が少ないほどPSLを増やす?)


母集団


アウトカム

・治療失敗リスクは 有意に個別化したGC投与群で低い結果

 短期的な治療失敗リスクが低下し, 中期的には有意差はない

・院内治療失敗: 死亡, 人工呼吸器使用, GCの追加, アミノフィリン使用, 抗菌薬のUpgrade, 呼吸苦の持続, 気管攣縮, 他の呼吸器症状の増悪

・短期治療失敗: 院内治療失敗+1ヶ月以内の再入院, 死亡

・中期治療失敗: 死亡, COPD増悪による再入院(退院後≤180d)


この母集団における個別化したPSL投与量はおよそ55-60mg/d

・PSL投与の総量は, 個別化群で318mg[0-880], Control群で309[160-1800]

・Rescue Doseの必要総量が, Control群で有意に多く,

 
個別化群で140mg[80-395] vs Control群で380mg[150-730]


 Control群ではより長期間のRescue doseとなりやすい


----------------------

従来のPSL 30-40mg/dではCOPD急性増悪時の対応としては少ない可能性がある.

各患者の因子で調節した, 個別化したPSL投与量調節を行うことで, 短期的なアウトカムを改善させる可能性がある.

2021年11月14日日曜日

再発性口腔内アフタ Recurrent Aphthous Stomatitis

しばしばベーチェット病などを疑われて繰り返す口腔内潰瘍の紹介があります.

その時に常に考慮するこの疾患. 改めてReviewをいくつか読んでみました.

(Minerva Stomatologica 2018 June;67(3):125-8)(Dent Clin N Am 58 (2014) 281–297)(Arch. Immunol. Ther. Exp. (2014) 62:205–215)

Recurrent Aphthous Stomatitis

・頻度の高い口腔内潰瘍性疾患であり,
有痛性, 浅く, 辺縁明瞭な紅斑を伴う, 灰黄色の偽膜を伴う潰瘍

・アフタ出現前2-48時間に前駆症状として焼けるような疼痛を自覚する

・特に基礎疾患のない健常人に生じ, 主に頬粘膜や口唇粘膜, 舌に生じやすい

・一般人口の5-25%でRASが認められるとされる.

 
疾患定義や人種により頻度はばらつきがある.

・両親にRAS既往があると, 子供にも90%で認める報告がある
(既往がない場合は20%)

・後発年齢は10-19歳であり, 成人や高齢者で生じる場合は全身疾患に付随したものや免疫不全, 血液疾患, CTDを考慮する.

・同様に口腔内粘膜病変を生じる疾患として,
 ベーチェット病や周期性好中球減少症, 再発性のヘルペス,
 HIVによる口腔内潰瘍, IBDに伴う口腔内潰瘍が鑑別として重要


RASはMinor, Major, Herpetiform ulcerの3つに分類.

・Minorが80-85%を占める. 10mm未満の潰瘍で, 瘢痕を伴わず改善する. 別名Mikuliczアフタ

・Majorは1cmを超える潰瘍で, 数週〜数ヶ月持続し, 瘢痕を伴う


 全体の10%程度
別名Sutton病, Periadenitis mucosa necrotica recurrensとも呼ばれる

・Herpetiformは口腔粘膜全体に集塊状に多発する潰瘍. 潰瘍は2-3mmと小さい潰瘍だが, 大きいものも稀ではない. 
全体の1%程度と稀. ヘルペス感染との関連はない.


RASのEtiologyは未だ不明確である.

・免疫機序, 遺伝的機序, アレルギー, 栄養, 感染など複合的な要因が指摘されている. 

 また薬剤の関連もあり(カルシニューリン阻害薬など)

・HLAは,
HLA-A2, B5, B12, B44, 
B51, B52, DR2, DR7, DQの
関連が報告あり

・RASにおけるサイトカインの変化


RASの臨床経過, 特徴

・潰瘍出現の2-48h前に前駆症状として焼けるような痛みを自覚

・その後潰瘍が出現. 潰瘍は中心は浅く, 周囲の発赤は明瞭.
潰瘍部は黄灰色の偽膜を形成する.

・Minorは<10mmで, 10-14日の経過で瘢痕を伴わずに改善する
 

 アフタは最初の4-5日は非常に痛く, 食事摂取ができないこともある


・Majorは>10mmで, 数週〜数ヶ月持続. 瘢痕を伴う.

・BDやHIVに伴う口腔内潰瘍はMajorアフタに類似する

・病理所見は非特異的. 

 粘膜下の炎症性単核球の浸潤と肥満細胞浸潤
結合織の浮腫, 好中球の浸潤

・RAS病変の発症は細胞介在性免疫反応, T細胞の産生, TNF-αの産生と関連していると考えられる.

 RAS患者の末梢血単核細胞より多量のTNF-αが分泌されていることをも明らかになっており, TNF-αはRASの病因に重要な役割を果たしている可能性がある.


RASの対応, Management

Minorで頻度も少なければ外用薬で対応する


・NSAIDや鎮痛作用のある口腔内外用薬,
リドカインビスカスなど.

・症状が強く, 頻度も多い場合は外用ステロイドを考慮


 早期に使用することで潰瘍の持続期間の短縮や大きさの縮小効果が期待できる.

・抗菌薬の外用(テトラサイクリンなど)も鎮痛や治癒までの期間の短縮効果が報告されているが, アレルギーや口腔カンジダリスク上昇もあり, 注意が必要

 
(テトラサイクリンによる抗菌作用+抗炎症作用が期待できる)


外用治療はほぼ全てのRASで有効であるが, 
新規病変の予防効果はなく, 
Majorや頻回のMinorには不十分であることが多い

・上記患者群では内服治療考慮するが, リスク-ベネフィットを十分考える必要がある.

・短期的なPSLの使用はMajor RASで考慮される.


 長期的投与は副作用の観点から避けた方が良い.

・予防目的ならば, PSLではなく, 他の代替薬を考慮する.

 コルヒチンやダプソン, サリドマイドの報告がある

2021年11月10日水曜日

水泳による肺水腫: Swimming Induced Pulmonary Edema

(CHEST 2021; 160(5):1789-1798)

 Swimming Induced Pulmonary Edema. 水泳による肺水腫

・開放水域(主に冷水内)での水泳や潜水をきっかけとして, 
肺水腫を生じることがある

・急性の呼吸苦, 咳嗽を認める. 
さらに稀ではあるが, 著明な喀痰の増量や血痰を伴う例もある

・水泳の中断で症状は改善するが, 
ダイビング中に生じて事故につながる例もある.

・SIPEは典型的には基礎疾患のない健常人で生じる

SIPEの機序や病態生理, リスク因子はまだ完全に解明されてはいない.

・主な機序としては: 
冷水内での運動により, 末梢血管が収縮し, 中枢の血液プールが増加する.
その結果肺動脈圧の上昇, 毛細血管のダメージが生じ, 肺水腫が生じる


SIPEの頻度

スウェーデンの大規模Open-water swimming eventである Vansbrosimningenにおいて, SIPEの頻度を前向きに調査した報告

・このイベントでは, 15-20度の川で, 1000m, 1500m, 3000mの水泳を行う.


 参加者は>10歳の男女. 毎年11000人が参加する.

・2016-2019年に開催されたこのイベントにおいて,
 移動式医療ユニット(MMU)に咳嗽や呼吸苦で受診した患者を評価し, SIPEの頻度を調査.

・2016年はPilot studyとして, 本格的な調査は2017-2019年に行われた.


 症状, 経過, 身体所見よりSIPEを評価. 

 2018-2019年では肺エコーも施行し肺水腫を評価した.


アウトカム

・18歳以上の参加者の合計は45913名. 男性47%と男女はほぼ同等

 
水温の平均は17.3±1.5度, 気温の平均は18.3±6.8度

・MMUに受診した成人は405名. 322(80%)が呼吸器症状

・SIPEと判断されたのは, 2016-2019年を通して211例.
 頻度は0.44%[0.39-0.51]


 2016年は0.34%, 2017年は0.47%, 2018年は0.41%, 2019年は0.57%と年間で大きな差はない

SIPEの90%が女性(190例). 参加者に男女差はなく, 女性はリスクが高い.

 
女性参加者では0.75%, 男性参加者では0.09%

・また, 高齢者ほどリスク.

 
18-30歳では0.08%, 31-40歳では0.26%, 
41-50歳では0.65%, 

 51-60歳では0.76%, ≥61歳では1.1%


男女別の評価

・男性はMMUに受診する閾値が高いかも


 咳だけで受診する例はなし.

・喀痰に増量や血痰は3割近くで認める



2021年11月9日火曜日

SLE患者の骨髄所見って? 自己免疫性骨髄線維症とは

これはかなり以前に診療した症例:

20台の女性. 3年前にSLEを診断され, PSL, CyAにて治療されていた.

PSL減量とともに再燃し, その際汎血球減少が認められた.

炎症反応増加, 亜急性経過の血球減少, 皮疹の増悪, 軽度の脾腫などがあり, Macrophage activation syndrome, 血球貪食症候群の可能性も考慮し, 骨髄穿刺を行うとDry tap.

そのまま骨髄生検を行ったところ, Reticulin線維の増生が高度に認められ, ”骨髄線維症”という診断であった.


自己免疫性骨髄線症と判断し, ステロイドの増量, 再度寛解導入を試み, その後血球は改善.

数カ月後施行した骨髄穿刺ではDry tapは改善しており, 線維症所見も改善が認められた.


--------------------


SLE患者の骨髄所見ってどのような所見が多いのだろうか?


SLEと血球減少

・SLEでは溶血性貧血やITP, 自己免疫性好中球減少, リンパ球減少など血球減少を伴うことは多く経験する.

SLEと白血球減少では,  未治療のSLEではリンパ球減少が主体.
 好中球減少では自己免疫性好中球減少症の関連が知られている

 治療中のSLEのWBC減少では薬剤性, SLE再燃, Viral infection, 
敗血症, 血球貪食症候群, MAS, Evans syndromeを考慮する.

 SLE + 血球減少(+)患者115名の解析では,

 
Leukopenia(<4000/µL) 57.4%

 
Neutropenia(<1800/µL) 20.0%

 
Lymphopenia(<1500/µL) 81.7%  (Hematology 2007;12:257-61) との報告もある

SLEに伴う貧血はACDが最多で約40%


 溶血性貧血はSLE患者の5-10%で合併する

 他には出血, 鉄欠乏性貧血, TTP, 
赤芽球癆など様々な原因がある

 SLE+Anemia患者の
原因頻度

Group

SLE+anemia *1

SLE + Anemia + α *2

Design

Prospective cohort


N

132(38.3%)

115

母集団

345




貧血は89.6%

ACD

49(37.1%)

46.1%

鉄欠乏性

47(35.6%)

16.5%

AHA

19(14.4%)

27.8%

その他

17(12.9%)


 βサラセミア

3


 Cyclophosphamide

2


 慢性腎不全

8


 TTP

1


 PRCA(赤芽球癆)

1


 悪性貧血

1

3.48%

*1 Ann Rheum Dis 2000;59:217-22


*2 Hematology 2007;12:257-61


SLEと血小板減少症

 自己免疫性血小板減少性紫斑病, 抗リン脂質抗体症候群, 
TTP, 再生不良性貧血, 血球貪食症候群, DIC, 出血, 薬剤性と様々ある

 自己免疫性血小板減少はSLEの20-40%で合併するが, 
重度の血小板減少は<5% (Rheumatology 2003;42:230-4)

 SLE + 血球減少(+)患者115名の解析では,
 

 PLT<150k/µL 40.0%


 PLT<100k/µL 26.1%

 
PLT<50k/µL 8.0%  (Hematology 2007;12:257-61)

SLEと汎血球減少症

 SLE+ (Evans syndrome, DIC, 出血+血小板消費)

 Vit B12欠乏, 悪性貧血

 血球貪食症候群, MAS, 骨髄線維症 で汎血球減少を生じる.


SLE患者の骨髄所見はどのような所見があるのだろうか?


SLE患者で血球減少(+)があるCaseの骨髄所見

(Clin Rheumatol 1998;17:219-22)

・Hb<10g/dL and/or WBC<4000/mcL and/or PLT<150kのSLE患者21名で骨髄生検


骨髄生検前2mo間の間はどの症例も免疫抑制療法は行っていない.
また, 11名(52.4%)は今まで一度も免疫抑制療法を行っていない患者.

・骨髄所見

・Reticulinの増加は16/21(76.2%)で認められた

 Mildが12例, Moderateが3例, Severeが1例.

・Dry tapは4例で認められ, その全例がreticulin増生が認められた.

 後に骨髄線維症と診断されたのは1例のみであり,
 その症例では軽度の脾腫とPancytopeniaを認めた.

・Teardrop cell, Leukoerythroid reactionは認めず, 
骨髄所見ではAtypical megakaryocyteの集積が認められた.

・Necrosisは4例(19%) その全例でReticulin増生を認める.


原因が明らかではない血球減少を伴うSLE症例 40例の骨髄所見を評価. Controlとして不応性貧血を認めるMDS患者10例の骨髄所見と比較した.

(Am. J. Hematol. 81:590–597, 2006.)

・血球減少の定義はHb≤12g/dL, Neu ≤1500/µL, PLT ≤10マン/µL.

・原因が明らかではない: 鉄欠乏, 葉酸, Vit B12欠乏, 薬剤正, 自己免疫性, 微小血管内溶血が否定的と判断された症例を対象.

骨髄所見: 正形成〜過形成骨髄が42.5%, 低形成が半数以上.
 

 ALIP(abnormal localization of immature precursors)は67.5%
 

 骨髄壊死が90%(軽度57.5%, 中等度22.5%, 高度10%)

 赤芽球や巨核球の異形性も多い

・Retibulinは全体的に増加し,
 

 軽度増加が47.5%(Bauermeister 2+)


 著明に増加が30%(3+)

 
微妙に増加が20%(1+)


フランスのCohort “lupus marrows”の解析

(QJM. 2017 Nov 1;110(11):701-711. doi: 10.1093/qjmed/hcx102.)

・SLEを診断され(SLICC基準), さらに骨髄の異常が認められた患者群で, 且つ他の原因による骨髄異常が否定された患者群を評価

・30例が登録された. 
年齢中央値は36歳[範囲18-71歳]

 
SLEと同時に診断された例が12例. SLE診断後に診断された例が18例

骨髄所見は,


 骨髄線維症が57%(17), 赤芽球癆が27%(8), MDSが10%(3),
 

 再生不良性貧血が1例, 無顆粒球症が1例ずつ.

・脾腫は6例で認められ, 骨髄線維症症例では5/17で脾腫(+)であった


タイのSrinagarind Univ. Hosp.における前向きCohort

(Clinical and Experimental Rheumatology 2012; 30: 825-829.)

・2009-2011年に診療した16-60歳のSLE患者で, 
以下の2つ以上を満たす血球減少を認めた患者を対象.
 (a)Hb<10g/dL, (b)WBC<4000/µL, (c)PLT<10マン/µL

・除外項目: 妊婦, ウイルス性肝炎, HIV感染, 肝硬変, 脾腫, 血液疾患の既往がある患者.

・上記を満たす患者で骨髄穿刺, 生検を施行

・41例で骨髄検査を施行. このうち20例で異常所見を認めた


 10例が低形成骨髄, 7例が形質細胞浸潤
, 6例が血球貪食, 2例が赤芽球異形成
, 2例が再生不良性貧血, 1例が骨髄繊維症

 Reticulin線維の増加は5例で認められた.


・血球減少の程度と骨髄異常所見の頻度:

 血球減少が高度なほど骨髄に異常所見を認める例が多い


血球減少を伴うSLEでは, 

骨髄異形性や骨髄線維症に類似した所見,

低形成骨髄, 再生不良性貧血といった骨髄不全を呈する所見

形質細胞浸潤を伴う所見

赤芽球癆

骨髄壊死所見が認められることが多い.


SLE患者における骨髄線維症が認められる例があり,
 AIMFと呼ばれる.

・AIMF: Autoimmune Myelofibrosis. 主にSLEやpSS, まれに強皮症で合併することがある.

 特発性のPrimary AIMFもある. (SpringerPlus 2014, 3:349)

骨髄異形性は免疫抑制療法により改善する例も多い(Inter Med 47: 737-742, 2008 )


AIMF: Autoimmune Myelofibrosisとは

(Am J Clin Pathol 2001;116:211-6)

・SLE, SLE-like disease, 稀にSjogren, Progressive SScに
合併する2次性のMyelofibrosis

・Primary Myelofibrosisでは治療は骨髄移植やJAK阻害薬であるが, AIMFではステロイド治療, 免疫抑制療法が治療となり得る.

・女性に多く, 報告されたCaseの大半が<40歳で発症している.

・自己免疫性疾患を示唆する自己抗体, 低補体を認め, 
直接Coomgs testが陽性となることが多い.


1966-2000年に報告された25例のLiterature review
(Am J Clin Pathol 2001;116:211-6)

骨髄所見

頻度

ステロイド投与前後の骨髄所見

頻度

Hypocellularity

10/21

骨髄線維所見は不変

7/15

Hypercellularity

8/21

上記のうち5/7は血球数は改善を認めた

Normocellularity

3/21

骨髄線維所見は改善

8/15

Megakaryocytic hyperplasia

13/18

線維組織量減少

4

Megakaryocyte cluster

4/4

完全寛解

2

Fibrosis

全例

完全寛解+血球数も改善

2


AIMFとCIMFの違い:

(Am J Hematol 2003;72:8-12)

・CIMF: Chronic Idiopathic Myelofibrosis. 一般的な骨髄線維症

・CIMFではMassive splenomegalyを認める場合が多く, しばしば診断根拠ともなるが,
 AIMFでは触知できるほどの脾腫は少ない.

 CIMFの62.5%で, 肋骨弓下6cmに達する脾腫を認める.

・AIMFでは, 脾臓での造血が行われていないことが多いため,
 脾腫が軽度であり, 末梢血所見も目立たないと説明されている.

・AIMFでは骨髄内に浸潤したリンパ球によるCytokinesが骨髄の線維化に関与していると考えられており,
 AIMF, CIMF双方とも, リンパ球の骨髄内浸潤は認め得る.

・AIMFではT cell, B cell双方の浸潤が認められるが,
 B cellはpolyclonalであるため, その点でLymphomaとの鑑別が可能.

特徴

CIMF

AIMF

脾腫

中等度〜著明

触知できる脾腫は稀

末梢血所見



Teardrop poikilocytosis

特徴的な所見

認めるが少数のみ

Leukoerythroblastosis

特徴的な所見

少ない

骨髄所見



集合した異型Megakaryocyte

90%で増加

Rare

Eosinophilia

Common

Rare

Basophilia

Common

Rare

Osteosclerosis

54%で認める

Rare

Lymphocyte集合

Common

Common


SLEとAIMF

(Leukemia and Lymphoma 2000;39:661-5, 
Clinical rheumatology 1989;8:402-7, 
Medicine 1994;73:145-52)

・SLEに合併するAIMFが最も報告例が多い.

 SLEの診断を満たさないまでも, SLEに類似した疾患に合併することもある.

・SLEと同時に診断される例もあれば, SLE診断後1-9yrでAIMFを発症することもある

・直接Coombs testは40-50%で陽性となる.

・低補体血症は80-90%で認める

・他のAIMF, Primary AIMFと同様, 脾腫は軽度であることがほとんど.

・骨髄所見も他のAIMFと同様の所見. 低形成〜過形成まで様々.


 SLEに伴うAIMFでは, Hypercellularであることが多い.

・ステロイドへの反応性が良好であり, 
改善速度は緩徐ながら, ほぼ全例が改善を認める.

・血液検査では肝酵素上昇は通常認めない.
また, 発熱はあってもMild Fever程度であることが多い.

2021年11月1日月曜日

低栄養、アルコール多飲患者でのミオクローヌス. 想起すべき栄養障害は?

低栄養のアルコール多飲患者.

数ヶ月の経過で認知機能障害, 失調による歩行困難, ミオクローヌスを生じて受診.

栄養障害として, ビタミンB1, B12, 葉酸, 銅欠乏は全て否定されている.

他に想起すべき栄養障害は? また疾患は?

ちなみに皮膚炎や, 下痢はぱっと見ない.


--------------------------






ペラグラ脳症

ペラグラにについては以下も参照

ペラグラ (Vitamin B3欠乏症)


Pellagra encephalopathy: ペラグラは必ずしも
3Ds(dementia, diarrhea, dermatitis)が揃うわけではない.

・特にアルコール依存によるPellagraでは,
 ビタミンB3の欠乏が早いため, 皮膚炎を生じないことがある.


 また生じても軽度のみのため, 気づけないこともしばしば.

・アルコールによるPellagraでは, 脳症が主となるパターンがあり,


 意識障害, 幻覚, トーヌスの亢進, 失調, ミオクローヌスを高頻度で認める. 

・ミオクローヌスは50%で認められる報告もあり.

 
他のアルコール関連の脳症では, ミオクローヌスを認めるものは稀であり, アルコール関連でミオクローヌスが認められた場合, Pellagra脳症を疑うきっかけとなる.

(Neurol Clin Pract. 2015 Dec;5(6):472-474.)


数ヶ月の経過で進行する認知機能障害, 神経精神症状,
 失調, ミオクローヌスという経過から, CJDに類似する

・臨床的にCJDが疑われ, 最終的に除外された59例のうち, 
 5例でPellagra脳症であったとする報告もある.

・36M以内の経過で進行(発症〜死亡まで)した認知機能障害患者で, CJD Surveillance Unitに1998-2009年に紹介された患者を対象.

・230例が紹介され, 神経病理学検査は223例で施行.
164例でCJDを確定診断. 7例は可能性が高いと判断された.
 残りの59例ではCJDが除外された

・59例の最終診断

・Pellagra脳症と判断された5例

 失調は4/5, ミオクローヌスが2/5で認められる

(Metab Brain Dis (2012) 27:231–235)


アルコールによるPellagra脳症 22例の解析

・死後に剖検され, ニューロンのDiffuse chromatolysisが認められた症例

・13例はMarchiafava-Bignami病, Wernicke-Korsakoff病との合併あり

・トーヌスの亢進が高頻度に認められ,
ミオクローヌスは10±2 /22とおよそ半数で認める

・ミオクローヌスは刺激性のミオクローヌスであり脳幹病変の関連が
予測される. 

(Brain 1988;111:829-842)