カシオ レジスター SR-G3 ☆正規品新品未使用品 Bluetoothレジ ブラック〔沖縄離島発送不可〕 カシオ レジスター SR-G3 ☆正規品新品未使用品 Bluetoothレジ ブラック〔沖縄離島発送不可〕 Bluetoothレジ,SR-G3,カシオ,レジスター,/chrysomelid5729844.html,ブラック〔沖縄離島発送不可〕,パソコン・周辺機器 , オフィス機器 , レジスター,14337円,heroindetoxeurope.com Bluetoothレジ,SR-G3,カシオ,レジスター,/chrysomelid5729844.html,ブラック〔沖縄離島発送不可〕,パソコン・周辺機器 , オフィス機器 , レジスター,14337円,heroindetoxeurope.com 14337円 カシオ レジスター SR-G3 Bluetoothレジ ブラック〔沖縄離島発送不可〕 パソコン・周辺機器 オフィス機器 レジスター 14337円 カシオ レジスター SR-G3 Bluetoothレジ ブラック〔沖縄離島発送不可〕 パソコン・周辺機器 オフィス機器 レジスター

新作 カシオ レジスター SR-G3 ☆正規品新品未使用品 Bluetoothレジ ブラック〔沖縄離島発送不可〕

カシオ レジスター SR-G3 Bluetoothレジ ブラック〔沖縄離島発送不可〕

14337円

カシオ レジスター SR-G3 Bluetoothレジ ブラック〔沖縄離島発送不可〕







■サイズ・色違い・関連商品

■レッド
■ブラック[当ページ]
■ホワイト


■商品内容

■レジとスマートフォンが、Bluetooth®でつながる新世代レジスター
いつものスマホとスマートフォンアプリ「CASIO ECR+」(無料アプリ)で、いつでも売上確認ができ、レジ設定もカンタン&スムーズ。

■消費税法の改正に対応
お客様ご自身で簡単に消費税率が変更できます。2種類の消費税率に対応可能です。

■計算に便利な電卓機能
ワンタッチでレジスターが電卓に早変わり。登録途中でも計算できますので、レジスター周りの計算作業に便利です。


■商品スペック

型式:
SR-G3-WE ホワイト(4部門) / SR-G3-BK ブラック(4部門) / SR-G3-RD レッド(4部門)

キーボード:
ストロークキー方式 2キーロールオーバー

ディスプレイ:
オペレーター表示 1行×数字8桁表示
客用表示:1行×数字8桁表示

プリンター:
印字方式:1シート サーマルプリンタ方式
印字速度:最大5行/秒
記録紙 幅58mm・外径80mm以下のサーマル(感熱)紙
給紙方式:ドロップイン方式

無線通信:
Bluetooth#174; Low Energy

ドロアー:
紙幣3種 硬貨6種(コイントレイ取外し可) ドロアーロック錠付き

メモリー保護:
単3アルカリ乾電池×2本(別売)使用、記憶保持:約1年、電池寿命:約1年

電源:
AC100V 50/60Hz

消費電力:
動作時最大約5W

外形寸法(幅×奥行×高さ):
約326×345×167mm

質量:
約3.5kg



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【1 - 8営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1189】です。同梱区分が【TS1189】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

カシオ レジスター SR-G3 Bluetoothレジ ブラック〔沖縄離島発送不可〕

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。